私って、こんなに淫らな女だったなんて… 円城ひとみ 151photos

表紙の通り、清楚系のメイクで、違った印象ですね。かわいらしい感じの熟女様という印象です。本編は画質でてる方だと思います。
いきなりシューズボックスからドッキリ的に現れた男性と、笑いながらスタートという感じで、写真集的には、繋がったまま、玄関から廊下、ソファ、ベッドと移動していきます。円城ひとみ様が見せる表情や、手の位置などが、さすがセクシーさがあると思いました。円城ひとみ様を基準にしたら、タイトル程ではないライトなエロさかなと思います。

As you can see on the cover, the neat and clean make-up gives a different impression. The impression is that it is a pretty mature woman. I think that the main story is of image quality.
With a man who suddenly appeared from the shoe box, he started laughing, and in the photo book, he moved from the entrance to the hallway, sofa, and bed while still connected. I thought that the facial expressions that Hitomi Enjo showed and the positions of her hands were truly sexy. Based on Hitomi Enjo, I think it’s a light erotic fish that isn’t as good as the title.

如封面所示,整洁干净的妆容给人不同的印象。 给人的印象是,这是一个相当成熟的女人。 我认为主要的故事是图像质量。
一个突然从鞋盒里出来的男人开始大笑,在写真集里,他从入口移到走廊,沙发和床,同时仍然保持联系。 我以为Enjo瞳表现出的表情和她的手的姿势真的很性感。 我基于Hitomi Enjo,我认为这是一条浅色的色情鱼,不如标题中的好。

おすすめの記事