ボイン大好きしょう太くんのHなイタズラ 七草ちとせ 86photos

ある日、バスト100cmを越えるIカップの持ち主ちとせがお手伝いさんとしてやってきた。ちとせをすっかり気に入ったしょう太はその爆乳を揉みまくり。ちとせがやんわり拒否をすると「このボインはボクのものだー!」とわがまま言い放題。そんなしょう太のHなわがままも受け入れつつ日々奮闘するちとせであったが…。

One day, Chitose, the owner of an I-cup with a bust of over 100 cm, came as a helper. Shota, who completely liked Chitose, rubbed her huge breasts. When Chitose gently refused, she said, “This boyne belongs to me!” It was Chitose who struggled every day while accepting such Shota’s H selfishness.

有一天,一位身高超过100厘米的I-cup拥有者Chitose来到了那里,成为一名帮手。 完全喜欢千岁的Shota抚摸着巨大的乳房。 当千岁轻轻拒绝时,他可以说“这个波恩属于我!” 千岁在接受Shota的H自私时每天挣扎。

おすすめの記事